「みんなが安心して暮らせるまちへ」
松田清香さん 西日本測量設計(株)(熊本市)


西日本測量設計(株)・松田清香さん 夢は「みんなが安心して暮らせるまち」。測量設計や機械設計など技術畑を渡り歩く中で、天職として見い出したのは、地域弱者の見守り支援活動システム「ひご優ネット」の構築だった。すでに熊本市東部地区などで運用を開始しており、さらなる活用地域拡大を目指して普及活動に日々まい進している。
 自身は婦人会や子ども会などが充実した地域で暮らしており、子育てにも老後にも不安を感じたことがなかったという。「核家族化が進みマンション等が林立する都市部ではどうなんだろう…」。漠然とした想いを抱く中、NPO法人熊本まちづくり(事務局・西日本測量設計)の設立に携わり、「ひご優ネット」の考案に加わった。
 このシステムは、情報通信技術(ICT)などを駆使して、独居高齢者や要支援・要介護者等を見守る仕組み。携帯電話やスマートフォン、ポータルサイトなどを活用し、自治会や社会福祉協議会、ボランティア等が地域一体となって弱者支援に取り組む。
 22年度には総務省の地域ICT利活用広域連携事業の採択を受け、熊本市の健軍、砂取、尾ノ上の3校区で展開。各地で説明会や勉強会を開き、有用性を説いて回った。「実際に使うのは地域の人々。パソコンや携帯電話に慣れていない人も沢山いたので、文字を少なくしてイラストや写真を使い、わかりやすく説明することを心がけた」。
 2児の母でもある松田さん。子ども、家族、そして地域住民、みんなが安心して暮らせるまち≠フ拡充を願い、今後も「ひご優ネット」の普及に力を注ぐ意気込みだ。
2011.11.21掲載

戻る

  All right reserved for west japan construction news Co.,Ltd    renewed on 2004/4/8 Y.アクセス昨日 T.アクセス本日