「技術を活かし自分のできることは積極的に」
坂口 育美さん  (株)津田(八代市鏡町)


(株)津田・坂口育美さん 平成17年度に熊本県産業開発青年隊訓練所に入所し、建設業界というこれまで無縁だった世界に飛び込んだ。1年間の入所生活で建設技能者に必要な車両系建設機械や大型特殊免許など色々な資格・免許を取得し、修了後、樺テ田に入社した。「訓練所と現場の雰囲気は似ていて居心地がいい。訓練所で培った技術を活かしながら、自分の出来ることは積極的に取り組んでいます」と力強く話す姿はやる気に満ち溢れている。
 工事報告書作成や現場写真の管理など事務所内の作業にとどまらず、企業から出る廃棄物の分別や収集作業、解体工事などの現場代理人として多忙な毎日を送る。廃棄物=ゴミ≠ニいうイメージがあったが、やり方次第でいくらでもリサイクルできることを知った。「色々な発見があって面白く、興味深い仕事」。現場にのめり込んで作業に打ち込んでいる。
 危険が多い現場では、女性ということで周りからの気遣いを感じることもあるが、上司からの「現場では女性とは思わない」との一言に気が引き締まったという。「男性に比べ体力は劣るが、出来るだけいい状態で仕事がしたい」と自己管理には気を掛ける。
 昔に比べ、今は建機や大型車のハンドル操作がしやすくなるなど、女性がこの業界で活躍できる環境が整ってきている。「一つひとつの現場で即決即断が出来るよう経験を積み、技術面でのスキルアップを図るため、CADやリフトなどの資格取得にもチャレンジしていきたい」。自分の活躍の場を拡げることが今の目標だという。
 坂口さんの入社について、津田昭彦社長は「今までの津田には堅いイメージがあった。現場は危険が伴うので女性の採用には正直、迷ったが、女性ならではの感性が新しいイメージの確立につながる」と期待を寄せる。会社が従業員に求めるのは積極的な姿勢。坂口さんの姿は、言うまでもなくその要求に応えている。
2007.03.12掲載

戻る

  All right reserved for west japan construction news Co.,Ltd    renewed on 2004/4/8 Y.アクセス昨日 T.アクセス本日