建設業界で活躍する女性技術者たち。男女雇用機会均等法が成立して20年が経過し、女性の現場進出も拓け、第一線で活躍する女性の姿が見られるようになった。
 それぞれの分野で活躍する女性技術者にスポットを当て、建設業界に入ったきっかけや仕事の内容、今後の目標などについて聞いてみた。

「常に控えめを心がけ」
野田亜紀さん  (株)大森エンジニアリング(熊本市)


(株)大森エンジニアリング(熊本市)・野田亜紀さん――幼い頃から建築に興味があったそうですね
 一番最初のきっかけは、両親の家造りです。母が設計プランを考えて、専門家に手直ししてもらって家を建てました。その影響もあって、小さい時からよく家の間取りを書いて遊んでました。今思うと珍しい女の子ですね。今でもとにかく図面を書くのが大好きなんです。
――こちらの会社には2年前に入ったとか
 住宅建築設計に興味があり、大学で建築を専攻しました。一旦は建築設計の会社に入社しまたのですが、建築だけに囚われず、自分の世界を広げたいと思い、転職を決意しました。その後、ご縁があってここにお世話になっています。
――女性は事務所に一人と伺いましたが、苦労された点などは
 特にありません。強いて言えば、話すことが限れられていることです。やはり、女同士のようにざっくばらんにはいきませんので。同僚と話さないわけではないのですが、控えめを心懸けています。それでも、上司から「静かに!」と言われますけど。
――仕事中に現場に出られることもあるそうですが
 主に道路や下水道の設計を担当しており、ほとんど現場に出ることはないのですが、まれに汚水桝検査などで現場に出向きます。
 今でも忘れられないのが、平成17年度末に初めて南関町の下水道設計を任され検査で現場に行った時のことです。地域住民と話す機会があり、住民からの質問にきちんと答えられた時が本当に嬉しかったんです。
――資格取得を目指しているそうですね
 現在は一級建築士に2度目の挑戦中なんですよ。他に道路や下水道の資格も視野に入れて勉強をしています。出来るだけ自分の能力を高めてることが目標です。
2007.01.01掲載

戻る

  All right reserved for west japan construction news Co.,Ltd    renewed on 2004/4/8 Y.アクセス昨日 T.アクセス本日